ゴーグルをして泳いだらスピードが速くなった。しかし・・・

水泳

フィットネスクラブのプールで泳ぐとき、今まではメガネの上からかけるゴーグルをクラブから借りて泳いでいましたが、新しく度付きゴーグルを買って泳いでみたら・・・大変なことが起こりました。

目次

なぜ度付きゴーグルを買おうと思ったのか?

これまでは、フィットネスクラブからゴーグルを借りて泳いでいました。プールに入るときはゴーグルが必須で、つけていないと入れないのです。

私はゴーグルを持っていなかったので、フィットネスクラブから借りていました。

メガネをかけたままつけることができるゴーグルを借りていた

これは、スキーのゴーグルのような形をしたものです。メガネの上からすっかりかぶせてつけるゴーグルです。

フィットネスクラブでは、このゴーグルを貸出ししていたのです。ちょうどよかったので、これまで毎回借りていました。

度付きのゴーグルを買った

新しく、度付きのゴーグルを買ったので、フィットネスクラブから借りる必要はなくなりました。

度付きでないと、プールサイドを歩くとき見えないので危険です。

ジャグジーに入るときも見えないと困ります。

そういうわけで、度付きのゴーグルは私にとって必需品でした。

度付きのゴーグルをして泳いだらどうなったのか?

もちろん顔をつけて泳ぎました。そうすると呼吸もしなければなりません。

まず平泳ぎでゆっくりと泳いでみましたが、いままでよりも前に進むスピードが明らかに速くなりました。とんでもないくらい早いです。これまで25メートル1分以上かかっていたのが、45秒くらいで泳げるようになりました。

ちょっと思いがけないですよね。

でもデメリットも…

早く泳げるのはいいのですが、逆に体力の消耗が激しくなりました。

今までは顔を出したまま平泳ぎをしていたので、呼吸の心配はありませんでした。

しかし、顔をつけるということは、何回かに1回は呼吸をしなければならないのです。これが体力を消耗しているのです。

クロールは?

クロールでも泳いでみました。こちらも顔をつけるので、呼吸が必要です。

クロールの呼吸はもっと体力を使います。とにかくゆっくりできないのです。

ゆっくり呼吸していたら、顔が沈んでしまって、口の中に水が入ってきます。とんでもありません。とにかく早く腕を動かして、呼吸する必要があるのです。平泳ぎよりも体力を消耗します。

体力がつくどころか体力が回復しにくくなった

今回泳いだ後、疲れ切ってしまい、なかなか体力が回復しませんでした。

次の日、職場では階段の上り下りに一苦労しましたよ。すぐにハアハア言ってしまって、階段を登れなくなるのです。

ちょっと弱さが出てしまいました。

まとめ

やはりまず水中歩行訓練から入るべきなのか。そんなに体力がないことがわかりました。ましてや私は水泳の素人なので、呼吸の仕方は自己流です。たぶんみっともない姿で呼吸しています。クロールは特にです。

これからはあんまり張り切らないようにして泳ぎます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

水泳

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次