【白内障手術後の話】JINSのレンズの厚さと屈折率についてわかった話

メガネ

メガネを作るとき、レンズの厚さが気になりませんか?

私はJINSメガネで白内障後のメガネを作りましたが、6カ月以内であれば2回までレンズを交換できます。
レンズを交換するのは、度数を調整する場合の他に、度数はそのままでレンズの厚さを変えることもできるんです。
この記事では、JINSでメガネを作るときの知っていると役に立つ予備知識を紹介します。
記事を読み終えると、JINSで安心してメガネを作ることができますよ。

目次

メガネのレンズの厚さはどうやって決めればよいのか?

先日作ったメガネにもだいぶ慣れてきたところです。
ですが、手術した方の視力も次第に安定しつつあるのか、ちょっと度数が強かったなと感じています。
車の運転をしているときはいいのですが、室内にいるときや本を読むときは、メガネをかけているよりも外した方が見やすいのです。

どうしたらよいでしょうか?

以前から使っていた(古い)メガネの左側のレンズだけ交換することを考えた

一番効率の良いレンズ交換のことを考えていました。
今の新しいメガネを作ったときも、最初は古いメガネの片方だけレンズ交換しようと思っていたのです。しかし、実際にJINSの店頭に行ってみたところ、全部新しく作った方が良いと判断しました。

そんなわけで、今回こそ古いメガネの左側のレンズだけ交換しようと考えました。
そうすれば、新しい方のメガネのレンズを交換するときに、左右両方のレンズを同時に新しく交換できると考えたのです。
それが一番効率が良いと判断しました。もしかしたら、新しい方のメガネは調光レンズにするかもしれないのです。
なぜかというと、手術をした方の目はやはり太陽光線に弱いのではないかと感じたからです。

ところが、本日JINSの店に行って新たにわかったことがありました。
古い方のメガネと、今回作った新しいメガネは、レンズの屈折率が違っていたのです。

JINSのレンズの屈折率は4種類

JINSのレンズで、追加料金なしで選ぶことができるレンズは、屈折率の違いで4種類あります。
標準クリアレンズというもので、屈折率が低い方から
  1.60, 1.67, 1.70, 1.74
となります。
同じ度数のレンズならば、1.60の方がレンズが厚く、1.74の方が薄くなります。
屈折率が高い方が、レンズが薄いのです。

これらの標準クリアレンズは、次の項目は共通になっています。
  ・薄型非球面レンズ
  ・紫外線99%以上カット(UVカットではありません)
  ・反射防止コート(景色の映り込みがありません)
  ・撥水コート

薄型レンズの場合、出来上がりはいつになるのか?

私の場合、古い方のメガネは1.74のレンズで作っていました。
この場合、出来上がりに1週間かかるのです。
そういえば、1年半前の初売りで買ったときに1週間待ったなあ、と思いだしました。

それに対して、今回新しく作ったメガネは1.70のレンズで作っていたのです。
これはその日のうちに受け取ることができました。
そのレンズが1.70のレンズだと分かったのは、なんと今日なのです。

そういえば、車の運転をしたいので出来上がりを早くしたいというような要望を言ったので、もっと薄い屈折率1.74のレンズの話はしなかったと思います。

古い方のメガネの左のレンズを変える場合、1.70にすれば本日中にできるのですが、そうすると左右で屈折率の違うレンズをつけていることになります。
そんなことはできないので、結局1.74のレンズを入れることになり、1週間待つことにしたのでした。

調光レンズにも薄いレンズはあるのか?

新しい方のメガネは、今のところ標準クリアレンズの1.70の屈折率で作っているのですが、調光レンズにすることも考えています。
調光レンズとは、太陽光線が当たるとサングラスのように色が変わるレンズです。
先にも書きましたが、そのレンズにすれば、白内障手術をした目にとっていいのではないかと考えました。

調光レンズで用意しているレンズの屈折率は?

標準クリアレンズの屈折率は
  1.60, 1.67, 1.70, 1.74
の4種類でした。
これが調光レンズの場合は、屈折率が1.60の1種類しかありません。
ということは、今私が使っている1.70や1.74のレンズよりも厚くなるということです。

ちょっとそれは困ります。

レンズは薄くて軽いものを使いたいのです。
厚い調光レンズと、薄い標準クリアレンズでどちらを選ぶかと言われたら、薄い方を選びます。

サングラスのようにするならば、メガネの上から何かカバーするようなもので代用するでしょう。

その他のレンズの屈折率は?

JINSには、その他にもオプションのレンズはたくさんあります。
一部だけの紹介になりますが、それらのレンズの屈折率については以下の通りです。
  ・可視光調光レンズ(+8,800円)・・・1.60のみ
  ・調光レンズ(+5,500円)・・・・・・1.60のみ
  ・ブルーライトカットレンズ(+5,500円)1.60,1.67
  ・UVダブルカットレンズ(+3,300円)1.60,1.67,1.70
  ・カラーレンズ(+3,300円)1.60,1.67,1.70,1.74

カラーレンズなら4種類の屈折率すべてありますね。
カラーレンズは常にサングラスのような色をしています。

まとめ

古い方のメガネは室内用に使います。

新しい方のメガネは調光レンズにしようかと考えていましたが、屈折率が1.60だけなので、やめようと思います。

このあと、新しい方のメガネのレンズを交換する時期は、手術後3カ月くらいになるでしょう。

10月末になりますが、その前に何か変化があったらお知らせしますね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

メガネ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次