水泳のクロールで速く泳ぐ方法よりも、疲れないで泳ぐ方法を知りたい

クロール

スポーツジムで水泳をやっています。平泳ぎは結構続けて泳げるようになったのですが、クロールはどうしても疲れてしまって、続けて泳ぐことができません。

どうしたらよいのでしょうか。

目次

You Tubeでクロールの疲れないように泳ぐ方法を調べてみた

You Tubeには水泳の動画がたくさんあります。いろいろな動画を見てみましたが、一番わかりやすかった動画についてくわしく追っていきたいと思います。

今までの自分の泳ぎ方で悪いところ

今までの自分の泳ぎ方は、とにかくうでを回し、バタ足を一生懸命やって前に進むという本当に素人的な考え方でした。

するとどうなるか。

一生懸命に腕と足を動かせば動かすほど、沈んでいきます。全部沈んでいくのではなく、足の方が沈んでしまうのです。

足が沈んだところでバタ足をすると、水の抵抗がかなりあるので足が疲れてしまいます。

呼吸もだんだん苦しくなってきます。

以前、「ローリング」という方法を試してみましたが、これで呼吸がかなり楽になったものの、それ以上に疲れの方が早く体に来てしまいます。

困ったものです。

You Tubeで見たことを実際にためしてみてどうだったのか

さっそく、本日スポーツジムのプールに行ってためしてみました。

昨日の夜見たばかりで、うろ覚えのところもあるのですが、とにかくやってみました。

まず、腕の方ですが、腕は前に伸ばすのではなく、片腕を水面から斜め下の方に向かう位置に止めておきます。

次に反対の腕をぐるっと回してきて水面に入るころに、先ほど止めていた腕を回し始めます。

この繰り返しです。この腕の動きをするとどうなるのかというと、腕が沈むと頭も少し沈みます。

頭が沈むと、足が浮くのです。

いいですか?腕を斜め下の方に向けておくと、頭が沈み、足が浮くのですよ。

実際やってみました。ゆっくり動かすのに少し慣れるまで時間がかかりましたが、どうにかスムーズに腕を回すことができるようになりました。

すると、進むのはゆっくりですが、着実に進んでいきます。バタ足もバタバタしないようにゆっくりとパタ・・・パタ・・・チャポ・・・チャポという感じで動かします。これもポイントです。バタ足はほとんど動かしません。

すると、YouTubeで言っていた通り足が浮くような気がします。頭は沈みますが、体全体としてはいつもより水面に浮かんでいるような感覚をもつことができます。

呼吸も最初はゆっくりな動きに慣れず、水をのんでしまったり鼻に入ったりしましたが、だんだんローリングもうまくいくようになり、楽に呼吸できるようになりました。

おかげで、25mを泳ぎ切ることができるようになりましたよ。

そして不思議なことに、体が全然疲れていないのです。

夢中で泳ぎ続けたのですが、あっという間に30分経っていました。クロールで30分泳ぐというのは、休み休みといえども今までの自分からは考えられないことです。

ほんとうに30分泳いでもつかれていないのです。

信じられないことでした。

疲れないで泳ぐためのポイント

今日は、腕の動かし方と位置にだけ注意しました。

1 腕は、水面に平行ではなく斜め下方向に伸ばすこと。回すときはゆっくり回して水をかく感覚もないくらい力を抜くこと。

2 バタ足もゆっくりでよい。力を入れないでパタパタ、チャポチャポという感じであしを動かすこと。そのうち、2ビートというバタ足のやり方をおぼえたい。

3 呼吸はローリングで。

こんなところです。

今後の展望

クロールで25mを全然疲れずに泳ぐことができるようになったので、今度はターンのやり方をおぼえたいですね。

あの、くるんと回るやつです。今まで1回もやったことがありません。あれをやると、鼻に水が入ってしまうのではないかと心配で、挑戦したことがなかったのです。

今度やってみたいと思います。

You Tubeで参考になる動画があるかもしれません。

ターンができるようになれば、25m泳いで休んで、ということなくずっと泳ぎ続けられるかもしれませんね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

クロール

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次