「自分に関係あることが書いてある」と感じる記事はどんな記事か?

どうする

このごろ思っていることです。読者が「自分に関係することが書いてある記事だ!」と感じるのはどんな時だろうかと。

というのも、このサイトの記事数が80を超えてきたのですが、1日10アクセスを超えたことが1回だけしかないのです。ほとんどが5アクセス以内なのですよ。

こんなことでいいのだろうかと悩んでいるのです。ブログを始めて100記事書いてみたあなたはどうですか?

目次

記事数が増えてきてもアクセスが集まらないのはなぜか?

80記事書いたけれども、アクセスはほとんど増えません。100記事になるとだんだん増えてくると言いますが、本当にそうなのでしょうか?

アドセンスに申請するのも躊躇してしまう

アドセンスに申請したいと思っているのですが、アクセスが集まらないブログは申請が通らないのではないかと思っています。

読者の役に立つ記事を書いていないと判断されるからです。

以前にも1度、別のブログで申請したことがあって、そのときは「記事の質が良くない」というグーグルの返事だったのです。

グーグルはここをこう修正しなさいということは具体的には言いません。

ですから自分でどこが悪いのか直していかなければならないのです。

そのときは記事数も少なく、そのサイトを続ける気持ちがなかったので、ドメインの契約もしばらくして辞めました。

今書いているこのサイトはそのあと作ったドメインです。今度こそアドセンスに通りたいのですが、このままではまた却下されそうです。

目標は1日100アクセス。本当に達成できるのか?

申請が通る目安として、自分勝手ですが1日100アクセスあれば通るんじゃないかと思っています。

1日に100アクセスくらいあるサイトなら、100人の人に何らかの役に立っていると思います。これなら自信をもって申請できます。

ところが今のアクセスの状況は、1日5アクセス。100アクセスなんてとても達成できる見込みがありません。

「自分に関係することが書いてある!」と読者が思うと、その記事を読みたくなるのだそうです。どうすればそんな記事を書けるようになるのでしょうか?

タイトルに「自分に関係あること」が書いてあれば検索でクリックされるのでしょうか?
だとすれば、タイトルがすべてではないでしょうか。

クリックして記事を読んでいき、あまり関係ないなと感じたら、読者は離脱するのでしょうが、1度は記事が読まれるはずです。そうすればアクセスはなんとか集まるのだと思います。

なにかきっかけを掴みたいがどうすればいいか?

このままとりあえず100記事まで粘ってみればいいのでしょうか?
それともなにかやってみればいいのでしょうか?

いろいろな本を読んで、記事タイトルの付け方や記事の構成の仕方はなんとなくわかったのですが、実際それをちゃんとできているのか自分で判断できないでいます。

誰か第三者に見てもらうのがいいのでしょうか?

まとめ

そんなわけで、ようやく秋風が吹いてくるこの頃、また何かやろうとしています。

自己投資をした方がいいのか、もう少し自力で粘るべきなのか、よく考えてみたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

≪前のページへ:ブログ運営:次のページへ≫

どうする

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次