60歳になってチャレンジしたことを振り返る その2

旅人

白内障の手術後は、目に影響がないような範囲で新しいことにいろいろチャレンジしましたよ。

目次

2023年後半の振り返り

大人の休日倶楽部に入会

この出来事は今年の中で一番大きいかもしれません。9月の「大人の休日倶楽部パス東日本スペシャル」というものがあることを知り、8月後半に大人の休日倶楽部ミドルに入会しました。最初の1年間は会費が無料であることがポイントです。

これまでは、車を運転しての遠出が多かったのですが、白内障の手術により視力が安定するまでは、目の負担が大きいので、遠くまでの車の運転はあまりできないと考えました。

何かのきっかけで「大人の休日倶楽部パス」というものがあることを知り、9月のスペシャルを活用するにはとにかく会員になろうと思い立って、夫婦二人で入会しました。

最初の旅行は、長野県の諏訪・松本方面です。諏訪大社をまわることと、松本城見学が目的です。思う存分「大人の休日倶楽部パス」を活用できましたよ。

諏訪まで車で行く場合は、片道6時間かかるので、結構運転の負担が大きいですが、東北新幹線・北陸新幹線と特急を利用していったので、乗換は多かったけれどもゆったりと周ることができました。

長野県はまだまだ見るところも多く、上高地や駒ヶ岳など魅力的なところがいっぱいあるので、また行きたいと思っています。

「大人の休日倶楽部パス」は4日間有効なので、土日の2日間以外にももう1回使いたいと思っているのですが、なかなか使えませんね。

12月には横浜方面と成田エクスプレスに乗るという体験をしました。首都圏は電車がいっぱい走っていますが、特急を利用して移動した方が混雑を避けられます。でも、いろいろトラブルも発生するので時間がなくせわしない移動になってしまいました。

1月には第3回の「大人の休日倶楽部パス」がありますが、今度はどこに行ってみようかな!!

スポーツジムに通う

10月からスポーツクラブに通うようになりました。腰痛対策が目的です。何かの本で水泳が腰痛対策に効果があるということを読んだので、妻と相談して通うことにしました。目の方に何か影響がないか心配もありましたが、大丈夫そうなので見学や1日体験などを経て、月会員になってしまいました。

それまでは水泳はほとんど経験がなく、最初は水中歩行だけやるつもりだったのに、ちょっと欲が出て泳ぐ方もやるようになりました。平泳ぎができるくらいで25メートルをやっとのことで泳いでいましたが、最近ではクロールもできるようになり、ゆったりとであれば、疲れないで何メートルも泳ぐことができます。といっても25メートル泳いだら休んでまた泳ぐといった具合ですけどね。

トレーニングジムの方も使用することができます。おもにウォーキングばかりですが、時速5.7kmで3kmほど歩きます。30分ちょっとかかりますが、ちょうどよいくらいの距離です。

そのほかにもトレーニングマシンを使って腕や肩のトレーニングや足のトレーニングをしています。おかげでちょっと筋力がついたかもしれません。

例年の健康診断では、お医者さんとの面談では「運動不足ですね」と言われていたのですが、今度からは大丈夫そうです。しかし、いつまで通うのかは不透明です。結構会費もしますからね。

読書はアマゾンオーディブルで

通勤は車で職場まで通っていますが、朝の渋滞があるので時間がもったいないと思っていました。

いつもは朝のテレビ番組を聞いていましたが、ふとしたことからアマゾンのオーディブルのことを知り、時間を有効に活用するために試しに1か月聴くことにしました。10月のことです。

実際聴いてみると、読み方も上手だし、眠くならないし、特に推理ものとかであれば退屈を感じません。朝夕の通勤にはもってこいですね。

これまで読んだ本は
6人の嘘つきな大学生
変な家
浅見光彦シリーズをいくつか
店長がバカすぎて、続・店長がバカすぎて
などなどです。

自己啓発本は眠くなってダメですね。理屈っぽくて、聞いていると嫌になったり、何を言いたいのかわからないことがあったりします。

まとめ

2024年はどんなことを新しく始められるか楽しみです。収入は減りましたが、できる範囲でいろいろなことにチャレンジしてみたいですね。

でも、このサイトの記事を更新することが第一優先です。旅行に行ったりすると更新できなくなってしまうので、旅行先でもスマホを利用して更新したいと思ってはいるのですが、なかなか難しいです。

スタバなどでマックを使って更新するのがかっこいいなあなんて妄想していますよ。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

≪前のページへ:60歳後の自分について:次のページへ≫

旅人

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次