60歳定年になって退職そして転職。半年たったけどやっぱり時間に拘束されずに働きたい

貯蓄

あなたは65歳までサラリーマンを続けるつもりですか?
私はサラリーマンとして働いで38年。60歳で定年退職となりました。

実は周りには何も言いませんでしたが、そのままやめることも考えていました。

しかし、現在は転職して別の仕事を続けています。
このまま続ければ65歳までここで働くことも可能です。

でも本当にそれでいいのでしょうか?

目次

本当は時間に拘束されないで働きたい

サラリーマンとして働いていると、毎月の給料が安定して入ってきます。
それで十分生活できてしまいます。

でも60歳を過ぎてもそういう考え方で働いている自分に対して、「本当にそれでいいのか?」と自問自答してしまいます。

1日のうち10時間は拘束されている

毎日働いていれば、規則的でいいように感じます。それはそれでいいことなのです。

しかし、1日のうちの時間がかなり拘束されます。

8時間の労働時間に加えて、2時間の通勤時間が生じます。
前の職場では通勤時間が片道15分だったのが、現在働いているところでは50分になりました。
通勤距離はそんなにないのですが、渋滞により時間がかかるのです。(車通勤です)

こまかい時間も含めると1日最低10時間は仕事に拘束されることになります。

サラリーマンを続けないとどうなるのか?

定年で仕事をやめると考えていたと書きましたが、実際何も仕事をしなければ生活はどうなるのでしょうか。

実は住宅ローンの返済がまだ残っています。マンションなのですが、管理費なども毎月かかります。

それらの費用は退職金を崩しながら支払っていくことになります。

もちろん生活費も退職金からです。

住宅ローンは退職金で一括返済しようとも思いましたが、周囲の反対もあってやめました。

そのような生活を続ければ、おそらく65歳になる前に退職金はなくなってしまうでしょう。

本当に節約生活をしなければなりません。時間はありますが、好きなところに旅行に行くこともできないでしょう。

自分で時間をコントロールして働くためにはどうするか?

うまい具合に転職先が見つかったことで、そのままサラリーマン生活をすることになりましたが・・・

60歳過ぎての転職であり、多くの人が経験しているように、毎月の収入は半分くらいになりました。

でも、住宅ローンと管理費と生活費はこれで賄えるくらいになりました。子どもたちも独立したので、その分は楽になっています。

しかし、このまま65歳まで働くかどうかはわかりません。

身体が持つかどうか。どうにかして自宅にいて働ける別の手段をどうするか考え続けます。

このサイトはそのためのサイトです。とにかくこのサイトを成長させなければなりません。

子どもを育てるのと同じくらい力を注ぐ必要があるかもしれません。

まとめ

しばらく自分のことを書いていきますが、この程度ではまだ自分がどうしたいのか、どうなりたいのか、あいまいなままです。熱量や感情がまだまだ乗っていない。足りないと自分でも感じます。

熱量があなたに伝わるような文章を書きたいのです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

60歳後の自分について:次のページへ≫

貯蓄

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次