アクセスがゼロ。どうにも気持ちが上がらず困る。カギはどこにある?

昨日のことだ。たまにアクセスゼロの日がある。たまにと言っても、ほとんどがまだ1桁のアクセスである。100記事くらい記事がたまったのだが、アクセスはまだまだ伸び悩んでいる。

目次

どうすればアクセス数が増えるのだろうか?

いろいろやってみてはいるが、記事を書かないよりはましだろうと思って、何とか書いている。とくにどんなテンプレートで書くとか、起承転結で書くとか決めているわけではない。とにかく問いを考えてそれに対する答えを書くということの繰り返しである。

それで何とか息詰まることなく記事を書くことができている。この書き方が一番文字数が増える書き方だと実感している。

いまはとにかく記事を何文字でも書けるようになりたい

SEOがどうとかキーワードがどうとか、あまり詳しく考えていない。それを考えていると、記事が行き詰ってしまうからだ。1000文字でも2000文字でも書くには、問いと答えの繰り返し。今のところの武器はそれしかない。何もテクニックは持ち合わせていない。

あまり考えこまずに書けるようになったのは最近だ。問いと答えの繰り返しという方法を知ったのも最近で、「書くとはどういうことか」「問うとはどういうことか」の2冊の本を読んでからである。学生を指導してきた大学の先生が書いただけあって、実際に書かせてみた体験もあるし、具体例もあるし、読み終わると記事がどんどん書けるようになった。

この状態で、何カ月も続けていきたいが、いかんせんアクセスが集まらない。そうするとどうしようもなく新しいことに手を出したくなってくる。いやまてよ、と踏みとどまるものの、また同じことを考えてしまう。さてどうしたものだろうか?

もう少しでアクセスが集まりそうなのだが

最近の傾向を見ると、JR東日本の「大人の休日倶楽部」に関係する記事に何アクセスか集まっているようだ。大人の休日倶楽部パスがもうすぐ発売になるので、それでいろいろと記事を見ている人が多いのだろう。しかもまだ会員になっていない人が多そうだ。

「大人の休日倶楽部パス」はまず大人の休日倶楽部の会員になって、クレジットカードを手に入れないと、切符を買うことができないのだ。会員限定の切符なのである。そのおかげで記事を見るためにアクセスがいくつか集まるようになっている。集まるといっても数字は1桁である。大げさに100アクセスとか言ってみたいが、いかんせん嘘はいけない。

まとめ

さて、今日は昨日のアクセスゼロに対して愚痴ってみた。ブログではこういうことを言ってはいけないのだそうだが、少しは愚痴を漏らさないと明日のエネルギーにつながらない。気が向いたらどんどんぎちっていこう。

おそらく100アクセス行くまでは愚痴ることにしよう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

≪前のページへ:ブログ運営:次のページへ≫

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次