新年早々記事の更新がストップ。記事をリライトしてインデックスすることに集中。

前回書いたように、グーグルにインデックスされていない記事が突然増えました。このままでは無駄な記事ばかり書いてしまいます。

なので、インデックスされていない記事の内容を見直してリライトし、もう一度インデックス登録のやり直しをすることにしました。

しかし、だからといって全く新しい記事を書かないわけにもいきません。

新しい記事を書かなければ、せっかく見に来てくれたあなたに申し訳ない。

さすがに新しい年になって3日間書かないのはまずいだろうということで、本日は記事の更新をすることにします。

目次

2日間記事の更新を休むとエネルギーが低下する

2日も休んでしまうと、何を書いたらよいかということからまた始めなければなりません。

もちろん毎回、何を書くのかということは大切なのですが、勢いというものもあります。

記事を書かないと、前回書いた記事の続きというのがイメージできないのです。

また「何を書くのか」よく考えてから続きを書くことにします。そうでないと、このままでは質の悪い記事が1つ増えるだけですからね。

1月8日のグーグルアナリティクスはユーザーがたったの1だった

こういうことってあるのだろうか。訪問者数がたったの1人である。最近アクセスが増えてきたところだが、いきなり減ってたった1人になってしまった。この記事を書いた日である。

あまりにもダメージは大きい。訪問者がたったの1名しかいないところで記事を更新しなければならない、あるいはリライトしなければならないというのは、精神的にかなりつらい。

更新してももうアクセスは増えないのではないだろうかと恐ろしくなる。

やはり毎日更新しなければならないのだろうか。

「毎日投稿 別視点」と中道あんさんが言っていた。

ワードプレスのサイトはとにかく更新しなければアクセスが来ない。しかし、他人と視点を変えて全くオリジナルで投稿することは、結構苦痛である。

ブログを続けるなら楽しく続けたい。

アクセスが自然に増えていくなら楽しみもあるのだが。

でもアクセスがゼロ出なかったからまだいい方なのだろうか。

あしたはゼロになるのではないだろうか。

そういえば、この記事はグーグルにインデックスしていなかった。でもワードプレスの管理画面には、PV数が1と出ていた。誰かが見に来てくれたということだ。もしかしたら、1月8日の訪問者の1人というのはこの記事を見てくれた人なのかもしれない。

本当にありがとうございます。

ついにグーグルアナリティクスのユーザー数がゼロになった

いやはや、ほんとうにアナリティクスの数値がゼロになってしまいました。こうも簡単にゼロになるのかと思うと本当に恐ろしいですね。

現在は「ユーザー数」となっていますが、以前はPVと言っていたはずなのに、なぜ「ユーザー数」になったのだろうか。

このユーザー数がゼロということは、本当に訪問者がゼロ人だということなのだろうか。だとしたら、グーグル検索から圏外にぶっ飛んでしまったとしか考えられません。

それを確かめるにはどうしたらいいんだろうか?

このブログが一番検索されているページのキーワードを検索してみると、まだまだ結構上位には入っています。でもちょっと下がってきたかなあ。さすがにもう2023年は終わってしまいましたからね。

どういう検索なのかは秘密です。

それにしても新しい記事を書かないとこうなってしまうのですね。

過去記事の再インデックス申請はまだまだ途中です。

インデックス未登録になってしまった記事を、リライトして再登録申請はまだまだ続いています。この作業を始めたときは、インデックスが未登録になってしまった原因が「記事の質の悪さ」や「文字数の不足」だと思っていたのですが、だんだん再申請を勧めていくと、そうでもないようなのです。

というのは、文字数についてはいくつかの記事を見ても1000文字以上はあります。記事構成も悪くありません。なので、これ以上リライトしようと思っても、あまり修正するところがないのです。

困ってしまったので、直しようがない記事は特に直さずにそのまま再登録申請をすることにしました。

その場合はサクサクと再登録申請できるのですが、なんと1日にインデックス登録できる記事数は上限があるようで、「1日の上限に達しました」というような表示が現れました。

なので、一気に全部登録するということはできないようです。

この作業については毎日コツコツやっています。おかげでいくらかインデックス未登録の記事数は減ってきたようです。

こうなってくれればうれしいですので、作業も楽しくできますね。

つづく

≪前のページへ:ブログ運営:次のページへ≫

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次