自分と向き合うとはどういうことか。何をすればいいのか。

自分と向き合う

またまた1か月、記事の空白が続いてしまった。これではいつになったらこのブログをちゃんとしたブログにできるのだろうか。ブログ更新が止まってしまうと、また愚痴や文句から始まってしまうのである。

ブログ運営:前回の記事⇒今日絶対やりたいことは何?という質問で、毎日記事を書く

目次

記事更新を続けられないのはなぜだろうか?

ブログの書き方の本や、文章の書き方の本を読んでみると、字数が少なくてもよいからとにかく毎日書くことと書いてあります。
それでもいいのですが、この書き方で行くと、いつまで経ってもまともな記事を書くことができず、情けない文章を書いてしまうのです。

さらにいろいろ読んでいくと、自分がどういう記事を書きたいのか、どんなことを書くのかが決まっていないと書けないのだそうです。

さらにそれ以前に、自分自身が「自分に向き合う」ということをやっていないと、書くことを続けることはできないのだそうです。

そういわれてみると、私はこれまで「自分と向き合う」ということをやったことがないし、どうすれば自分と向き合うことになるのかもわかりません。

さて、どうすればいいのだろうか。

「自分と向き合う」とは何をすればいいのか?

あなたは自分と向き合うということをやったことがありますか?

60歳過ぎて「自分と向き合う」だなんて、何をいまさらというかもしれませんが、本当にやったことがないのです。

ではなにをすれば、「自分と向き合える」のか。

これも本を読んでみると、結構具体的に書いてあります。

それは、自分自身に質問を繰り返していくことなのです。

どんな質問をするのかというと、次のようなものです。ちょっと難しいかもしれませんが、まじめに考えてみます。

・自分はどういう人間か。
・自分は何をしたいのか。
・自分はどのようにして世の中と関わろうとするのか。

これらは「書くとはどういうことか 人生を変える文章教室」(東京大学教授 梶谷真司著)に書いてあったものです。

学生たちが就職試験で面接を受けてくるとき、「志望理由書」を書きますが、これらの質問の答えを書くことができないまま面接を受けても不安な状態で帰ってきたのだそうです。
しかし、志望理由書をしっかり書き、自分のことを語れるようになると、自信をもって面接を受けられるようになるのだそうです。
そして実際に内定を取ってくるようになったということです。

つまり、自分を語る言葉を手に入れることで、自分自身が変わることができるということなのだそうです。

この本には、文章を書くための技術ではなく、どうすれば文章を書けるようになるかという質問に対する答えが書かれています。文章を書く本当に最初の段階からです。とても参考になりますよ。

「自分と向き合う」とは自分自身に質問をすること

もう一つの本を紹介します。
マツダミヒロ氏著の「自分のやりたいことが見つかる5つの質問」です。

自分に「質問をする」ということがテーマになっている本です。
この中の、「自分に何を聞きますか?」という項目のところで、人と会うときに重要なのは、次のことをあらかじめ知っておくことだそうです。

・自分は何が必要なのか。
・自分は何が不必要なのか。
・自分はどんな人と関わりを持ちたいのか。

相手と会話をするときに、相手に質問したときに相手の答えを聞いたら、「私はこうなんですよ」と会話のキャッチボールをするのですが、そのときに相手の話を聞くだけであるとかどんな人と会いたいのかわからずに名刺を交換しただけだったり、情報を聞いただけだったりしては何も起こりませんね。

ですから、その前に自分自身に次のような質問をしておかなければなりません。

・自分は何が好きなのか。
・自分は何を大切にしているのか。
・自分は今何に情熱を傾けたいのか。

自分を知るということは、こういったことで自分と対話することです。
自分との対話ができていないと、どんな人と会ったらいいのかわかりません。
自分のことを知るためには、自分にたくさん質問すること、と書いてあります。

意識的に自分との対話の時間をつくることだそうです。

まとめ

自分を知るためには、自分自身と対話をする時間をつくること。

それが自分と向き合うことです。

自分への質問がたくさん出てきました。まとめます。

・自分はどういう人間か。
・自分は何をしたいのか。
・自分はどのようにして世の中と関わろうとするのか。
・自分は何が必要なのか。
・自分は何が不必要なのか。
・自分はどんな人と関わりを持ちたいのか。
・自分は何が好きなのか。
・自分は何を大切にしているのか。
・自分は今何に情熱を傾けたいのか。

9個もあるじゃないですか。
記事のネタに十分です。

次回から、自分と向き合うための記事を書くことにします。
これでブログ更新を長く続けられるだろうか。

今回は下書きなしでだらだらと書いてしまいました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログ運営:次の記事⇒自分はどういう人間か ~自分と向き合う~

自分と向き合う

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次