クロームでダウンロードしたファイルが下に表示されない解決方法

クローム

最近、クロームを使っている人の悩みがネット上に増えています。ダウンロードしたファイルが、以前は下に並んで見えていたのに、最近はヒューンと上にあがって行ってすぐに見えなくなってしまうのです。どうすれば解決できるのでしょうか?

すぐに知りたいあなたは、「まとめ」に飛んでください。

目次

どんな状況か?

ファイルをダウンロードすると、以前は下のタスクバーの上に横並びに増えていました。これを嫌だという人もいたでしょうし、すぐにクリックできるので便利だと感じていた人もいたようです。

ファイルをダウンロードすると、上にヒューンと飛んでいくようになった

我が家のパソコンの場合、ダウンロードしたファイルは上に飛んで行ったあと、マカフィーが出てきます。「ただいまファイルをスキャンしています」なんていう文言が書いてあります。

ダウンロードしたファイルの表示が、その後ろに隠れてしまって見えなくなり、スキャンが終わるころには消えてしまっていてクリックも何もできないのです。

しょうがないので、エクスプローラーからウィンドウを開いて、ダウンロードのフォルダからダウンロードしたファイルを取り出します。

この作業は今までの状況から考えるととても面倒です。

ネット上で探せた解決方法は2つある

1つ目

1 Chrome を起動し、アドレスバー部分に「chrome://flags」と入力して移動
2 「Enable download bubble」という項目を検索する
3 ダウンロードファイルを 右上 に表示させたい場合は「Enabled」
  ダウンロードファイルを 下部 に表示させたい場合は「Disabled」に変更
4 その後右下に「Refresh」ボタンが表示されるのでクリック
5 Chrome を再起動し設定は完了

2つ目

1 デスクトップ画面にあるChromeアプリのショートカットアイコンを右クリック>「プロパティ」
2 「リンク先」のアドレスを次のように編集する
  うしろに「 –disable-features=DownloadBubble」を追加する
  このとき、disableの前のハイフンは2本であり、その前には半角スペースが入っています
3 変更できたら「適用」>「OK」
4 一旦すべて閉じてChromeを再起動してください。

我が家のパソコンは、1つ目の方法で数日は下に表示されましたが、何日かするとまた上にヒューンと飛んでいくようになりました。

2つ目の方法でもやってみましたが、全く効果がありませんでした。

クロームのバージョンが119だと最新になってどちらも効かないらしいです。

どちらも今では効果がなくなった。どうすればいいのか?

どちらの方法もだめとなると、やっぱりエクスプローラーから開くしかないのかと思いました。

しかし、初心に戻ってクロームの意図を考えてみました。クロームとしては、ダウンロードしたファイルがブラウザ画面の下に並ぶと画面を狭くしてしまうので、それではブラウザとしてのプライドが許さないのでしょう。なんといってもグーグルクロームですからね。

そこで、クロームはどうさせたいのでしょうか?

まとめ

原点に戻りました。クロームの上部のタスクバーに新しく加わったマークがあります。

これです。

ダウンロード

ファイルをダウンロードすると右上に現れます。ダウンロードファイルはこのマークに向かってヒューンと飛んでいるのです。

これをクリックすると、今ダウンロードしたファイルが右上に表示されます。クリックするとファイルが開くと思います。これだけです。

やってみてください。ダウンロードの履歴もわかりますよ。

しかし、ダウンロードしたファイルを下に並べておきたいという要望はかなえられません。新しい解決方法が出てくるまで待ちましょう。

ほんとに初心者的な解決方法ですが、役に立ったでしょうか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

クローム

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次