京都では貴船神社と四条河原町祇園を巡る。書く気力がまだわきません

貴船

出張先は京都でした。4日間ですが、疲れがたまり、記事を書く気力がまだ湧いてきません。もうすこし時間がほしい気がします。おそらくこの前書きの時点で離脱する人がほとんどでしょうが、とにかく書けるだけ書いてみます。

京都はインバウンドだらけだった

中国語を話している人が多い感じがしました。ヨーロッパ系や東南アジア系の人も確かに多いのですが、中国語っぽいしゃべり方を多く耳にしました。もしかしたら台湾の人かもしれません。ある時期までは中国人はまだ日本に来ていなかったのですが、さすがにこの時期になれば、個人の旅行で訪れている人が多くなっているようです。団体で来ているわけではないので、以前のようなうるさい集団ではありません。

人込みをできるだけ避けて神社巡りをした

インフルエンザが流行しているので、人がいっぱい集まっているところにはいかないようにしたつもりです。しかし、公共交通機関を利用すれば、人が集まっているところを通ることにもなります。

今回行ってきたところでは、
・貴船神社の貴船口から貴船までの小さなバス
・四条河原町と祇園
が最高にでした。

貴船神社に向かうルート

貴船神社に向かうルートにはいろいろありますが、今回考えたのは地下鉄烏丸線の終点「国際会館」からバスで「貴船口」まで行き、バスを乗り換えて「貴船口駅前」から「貴船」まで行く方法です。

この方法で貴船神社に向かう人はいることはいますが、そんなに多くはなく、国際会館から貴船口までは座っていくことができました。

貴船口から貴船口駅前までは少しだけ歩きます。貴船口駅とは叡山電鉄の駅です。そこまで5分ほど歩くとバス停があるのですが、出町柳から来た叡山電鉄の電車ががちょうど到着した直後だったこともあり、小さなバスは大混雑でした。タイミングがちょっと悪かったかな。バスは15分おきに出ているので、1本遅らせてもいいのですが、時間がもったいないので乗ることにしました。

貴船口駅前から貴船までは細くてカーブも多く、立っているのはなかなか苦しいのですが、乗車時間はそんなに長くはないので周りの景色を見ている間に到着してしまいました。

叡山電鉄の電車と時間が重ならなければ、もっとゆったりと乗ることができたのかもしれません。

四条河原町祇園はあいかわらずの混雑だった

こちらの場所は以前からの混雑を取り戻したような感じです。南座の周辺はすれ違いもなかなかできないくらいの人どおりでした。

わたしは、京都に来るとここにある「松葉」という蕎麦屋さんで「にしんそば」を必ず食べることにしています。

ふつう、にしんそばというと、蕎麦の上ににしんがのっかってくるものを想像しますが、この店のにしんそばはそうではありません。

蕎麦の下に、でっかいにしんが隠れているのです。びっくりしますよ。

さて、今日はこの辺で終わりにします。

あしたはもっと書きたい気持ちが強くなってるといいなあ。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

貴船

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次