あなたは大丈夫?著作権の侵害になるかもしれないことに注意しよう

山と湖

もしかしたらこれまでの記事が著作権侵害になる行為に該当するかもしれません。

目次

乗換案内サービスの画像を記事に使うことはいいのだろうか?

そういうことがちょっと気になりました。

乗換案内サービスの画面を切り取って使ってしまったら?

気になって、そのサービスの「サイトのご利用にあたって」という規約のようなところを読んでみました。すると、次のようなことが記載されていました。

情報の利用について
当サイトにおける情報の取り扱いは、各サービスの利用規約またはご利用上の注意をご参照下さい。
当サイトの情報のご利用、雑誌・書籍・広告などの出版物への掲載およびCD-ROMなどの記憶媒体への転載許諾をご希望の場合は、個別にご相談を承ります。コチラまでお問い合せください。

ということは、転載希望の場合は相談すれば許可をもらえることがあるということなのでしょうか。でも私は、相談も何もしていません。今後も利用したいので、個別相談をするかもしれないですね。その場合は、ちょっとドキドキする体験になりそうです。

著作権に関する規約はどうなっているのか?

無断転載に関しては次のように書いてありました。

知的財産権
当サイトに関する著作権を含む一切の知的財産権等の権利は、当社又は当社に対して使用許諾を行っている情報提供者に帰属します。
当サイトの内容を無断転載・複写・修正・改変し、または第三者に譲渡することを禁じます。

あー、これですね。当サイトの内容を無断転載することは禁止されていますね。修正・改変することも禁止です。一部を切り取ることもだめですね。

肝心の著作権については次のように書いてあります。

禁止行為
当サイトの利用に当たって、次の行為を禁止いたします。
・ 他のお客様、第三者または当社の産業財産権、著作権及びその他の財産権の侵害

はっきりとした「著作権の侵害」についての禁止事項ですね。

ちなみにこの規約も、ある「乗換案内サービス」の規約の転載なのですが、もしかしたらこういうのも禁止なのかもしれません。

どのように対処したか?

とにかく画像はすべて削除しました。苦労して慣れない画像作成をしたのですが、悲しいですけどDELキーを押しました。

そのかわり、自分で駅名と時刻を打って記事に入れました。乗換案内サービスほどの情報量はありませんが、必要最小限の内容だけにしました。

やってみたのは次のような書き方です。

ほくほく線の記事は結構人気でしたが、今後影響があるかもしれません。

まとめ

ひやひやものでした。ほかにも著作権侵害に該当する記事がないか心配です。写真はフリーのものを使っていますが、自分が作成した画像でペイントなどで作成したものがどこかに張り付けたかもしれません。

気づいたら直していくしかありませんね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

≪前のページへ:ブログ運営:次のページへ≫

山と湖

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次